40代からの【0円スタート】在宅ネット起業術

プロフィール

プロフィール写真

希望に満ちて就職した、しかし現実は【夢を持つと苦しく、夢を捨てると楽】な奴隷制度の中で働いていることに気がつく。

職場を飛び出し度6回起業、成功と失敗を経験する中で「アッ」というまに成立するネットビジネスの威力に驚愕!

         

お金や人間関係、夢実現や、やりがいに苦しんでいる方に【ビジネスが楽しい】ことを知ってもらうためにブログで情報発信しています。

明快で!驚くビジネスやりましょう!

詳しいプロフィールはこちら

《相談・質問をしてみる》 

2014年11月の記事一覧

ニッチ市場で稼ぐ

<更新日時> 01月11日(日) 13:04

ニッチ市場で稼ぐ方法

ライバルが多い市場で稼ぐのは大変です。

今から個人でコンビニを開けば間違いなく失敗します。
コンビニは実店舗でデータ取りして、地域で商品が違うくらい商品を分析しています。

個人でいくら分析しても、かなうはずないのです。
ましてやローソン、ファミマ、セブン、サンクス、ミニストの競争です。
新規参入すればヤバイです。
もし借金して始めれば数千万円の出費は避けられません。

誰でもわかっていることですが、実はコンビニに限らず他も同じなのです。

大手と戦うなら、広告、独自性、値段、ブランド力を徹底的作り上げないといけないからです。
大手と戦うなら=倒産です。

私は以前、ベットタウンの一角に店舗を構え、経営していました。
どこにでもある専門店でした。

開店当初は顧客もファンも当然ゼロでした。

数ヶ月間は一日一組しか来客がなく、苦しい思いをしました。

お客様がひっきりなしに来ていただける妄想を描いていたのに、
現実は大手の集客力の足元にも及ばない事を思い知り、ガマン大会のような期間でした。

私は、
このガマン大会は変化しなけりゃ終わらないって事に気付き、発想を変えました。

大手にないサービスは?
大手ができないサービスは?
利益が高いサービスは?
緊急性あるサービスは?
中毒性あるサービスは?

ディズニーランドを分析しました。
病院を分析しました。
歯医者を分析しました。

その結果、他ではやってない独自のサービスがあたり、他県からも来店、問い合わせが
来るほど繁盛しました。

物販中心の経営が、サービス中心に変わった途端、売り上げはどんどん上がり始めました。
物販では良くても5割、平均3割が利益でした。商売されていればわかりますが3割でもいい方です。
私のサービスは9割以上利益になったのです、経営初心者の私は物販に全く興味がなくなってしまいました。
(本当は物販、サービスのバランスが大事なんだってあとから気づきました)

集客は必要有りません。リピーターが口コミで広げてくれるんです。

私のサービスを愛用してくたお客様が実は起業家で、同じサービスをモデリングして東京で即成功しました。

なぜ楽に稼げたかと言うと、ニッチの市場でほぼ独占していたからです。

あなたにも是非知って欲しい『ニッチ市場を探す方法』です。

ニッチ市場を選定し、そこからもう一歩「ズーム」したらそれが独占市場です。

例えば
アイフォンの修理や、アイフォンの買取業者です。

今や多くのネット参入者でごった返す市場ですが、アイフォンが
発売したばかりに参入した経営者がいました。

発売当初、

アイフォンが故障したときは、アメリカまで送り修理又は交換という面倒な形でした。
そこに目を付けた起業家は出張の修理屋さんを立ち上げ大儲けしました。
中国から一早く部品を調達して、ほぼ独占市場で稼ぎました。

なので、「携帯市場→アイフォン市場→修理、買取り」とズームしたのです。

話はそれますが、先見の起業家はターゲットを変えます。
この儲かる市場を情報商材として、新たに参入したい起業家に売りました。
この時点で、参入者が増え、飽和して行ったのです。
起業して自由に稼ぎたい方の為に、修理の方法、仕入れ先、ノウハウを売るのです。

で、
ニッチ市場は、お客様の声を聞くことです。
とにかく生の声です、不満を聞くことです。

何に困っているか?
アイフォンの例なら、液晶が大きくて、落としたらすぐ割れた
仕事で使ってるから、すぐに修理してもらいたい。

キャリア(ソフバンとか)では無理なこと=新たなビジネスモデルです。
今から参入してもかなり厳しいですよ。

ズームのズーム

あなたがニッチ市場を探すなら、ズームのズームです。
そしてお客様の要望や、不満です。

紙とペンで独占市場探しに挑戦してください。

今すぐできるのは、人の話を聞くことです。
あなたが人と会い、悩みを聞く環境があればニッチ市場の発見は早いですね。

人に会わない環境なら、自分の悩みがニッチ市場かもしれませんよ!

あなたの成功応援しています!


« 前ページへ次ページへ »